<軽井沢>またまた妙義神社へ、今回は母と姉と。


好きですね、妙義神社。

気がいい気がする。

今回は母親と姉を無理やり連れて行きました。

道の駅に車を止めて、最初の鳥居をくぐり、ゆるい坂道を登る。

最初の石段が11段。

そのあと42段の石段で「総門」につく。

ここで83歳のママンもちょっときついか、

「ここで休んでいるから、あなたたちは上へいっておいで」っと。


しかし、その「総門」くぐると札所があり、そこに杖が置いてある!!。

それを借りてママン再び登る気が出てくる!!

この気がいいのか!?妙義神社!

さらにいくつか登って「銅鳥居」

そして最後に165段の男坂。男坂はきつい!は脇の女坂。

しかし83歳のママン、負けん気発揮!

「ここまできたら男坂でてっぺんに行ってやる!」

そんな遺伝子は僕にはなさそうだが、トホホ。

全部で約300段程度。

そこから見る景色は素晴らしい!

ママンも姉キも満足したようだ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

*タイトルの頭にある<軽井沢><東京>とあるのは、その時の拠点です。



銅鳥居で。

男坂(上から見ると)


下りは女坂

下をクリックしてちょ。僕の、やる気が出ます。

57歳から東京&時々軽井沢生活〜60歳からの山さんぽ

55歳くらいの時これからどう生きようか?と考えた。 まずは環境を変えてみようと57歳の時東京と軽井沢の2拠点生活を開始。 2022年60歳になり今後の自分にとって大切なものは「自然と健康」であると、山さんぽを始める。 (東京を拠点とした「TOKYO 山さんぽstyle」プロジェクトの企画運営)