意外と悩む人が多い?撮影した写真の残し方について

残す写真の選び方のポイント

スマホやデジカメに撮影した写真の整理をする時に、どの写真を残していいのか悩んでいる人は少なくありません。残す写真の選び方のポイントとしては、まず撮影した時系列でまとめたり整理をすることです。そうすることでどれが古い写真なのか、何時頃撮影したものなのかを把握しやすくなっています。基本的にスマホもデジカメも撮影された順番に並べられてはいるのでそこまで整理が必要というわけではありませんが、何のタイミングで撮影されたものなのか程度にまとめておくことがおすすめです。

その上で似たような写真は捨てていくようにして、必要なものとそうではないものをしっかり分別することが大切だと言えます。この時にあまり思い出や過去に固執してしまうとなかなか整理したり残す写真を選ぶことが難しいため、本当に自分の中で大切だと思えるものを選ぶことが重要なポイントです。

残す枚数をある程度決めておく

また写真を整理する時に大切なのが、どの程度の写真を残しておくのかある程度の枚数を決めておくことです。どんなに大切な写真であっても膨大な数を残したところで後で見返す時間もありませんし、今後もどんどん枚数が増えていくのであれば残しておく写真の数はそこまで多くなくていいと考えられています。そのため最低限どの程度残すのかを決めておけば、あとはその範囲内で削除していくものを決めていくだけになります。ただあまり厳密に枚数を決めてしまうと悩みの種になってしまうため、おおよそで問題はありません。

印象的で魅力的なフォトブックを作るコツは、写真の選定が重要です。出来る限り同じテーマの中でもバリエーションを増やす事でストーリー性が生まれます。