電子タバコってどんな物?煙草との違いやメリット

電子タバコの仕組みとメリット

電子タバコは通常の煙草と異なり、ライターで火をつける必要がありません。タバコの葉や抽出エキスなどを機器に接続し、熱で生じた煙を吸うという仕組みになっています。電気によって熱を生じさせるため、うっかり消し忘れてしまい大変なことになる、といった心配がないのが魅力です。一般的な煙草より周囲への影響が少なく、受動喫煙のリスクが少ないというのも、電気タバコが持つメリットの一つでしょう。

通常の煙草と大きく違う点

一般的な煙草と電気タバコの大きな違いとして、タールの有無が挙げられます。電気タバコによる喫煙でもニコチンが摂取できる点は同じですが、その成分にタールは含まれていません。このため通常の煙草より健康への影響が少ない、という意見も多くあります。葉を燃やすことがないため、煙に含まれる有害物質をカットできる、というのがその理由です。また煙によるヤニ汚れの心配がないため、室内で吸っても壁に黄ばみが生じないといわれています。

電子タバコの魅力とは

電子タバコのリキッドには、様々な種類があります。フルーツのフレーバーを添加した製品やビタミンを配合したものなど、そのバリエーションは非常に豊富です。その日の気分によって違った味を楽しめるというのは、電子タバコが持つ特別な魅力の一つでしょう。ニコチンを添加していないタイプのリキッドを使えば、節煙や禁煙対策にもつながります。煙草をやめたいがなかなかきっかけがつかめない、そんな場合にはまず電子タバコへの切り替えにチャレンジしてみるのも一つの手です。

ニコチンリキッドを使う人が増えているのは、電子タバコの人気の高まりも背景にあります。ローコストで済むのもメリットといえるでしょう。