ペット不可物件だけど飼いたい!そんな時はどうする?

まずは管理会社や大家にきちんと相談を

ペットを飼いたいと思っても、住んでいるマンションやアパートがペット不可の場合は諦めざるを得ません。しかし、犬や猫はダメでも動物の種類によっては飼える可能性があります。ペット不可の物件に住んでいて動物が飼いたくなったら、まずは管理会社や大家さんにきちんと相談してみてください。そしてきちんと許可が得られたら、飼うようにしましょう。バレなければいいなどど、こっそり飼うことは絶対してはいけません。

飼育できる可能性のある動物はコレ

ペットの飼育が不可なのは、周辺住民への迷惑になる可能性があるからです。そのため、鳴くことがなく、臭ったり汚したりもしない動物であれば、飼育の許可を得られる可能性が高まります。
比較的許可が出やすいのは、金魚やめだかなどの小型の魚でしょう。鳴き声は出ませんし、定期的に水槽を清掃していれば臭うこともありません。ただ、水槽に空気を送り込むポンプの振動音は意外と気になるものです。隣の部屋から苦情が来ないように、飼い始めたら清音タイプのポンプを選ぶなど対策をとる必要があるでしょう。
カメやトカゲ、小型のヘビなどの爬虫類も比較的許可を得られる可能性があります。飼育後は、万が一にも脱走しないように気をつけてください。
小鳥も、ほとんど鳴かない種類を一匹だけなどの条件であれば飼えるかもしれません。しかし、きちんとケージを洗っていても臭いが出やすく、羽が飛んだりすることもあります。飼育の際は細心の注意を払いましょう。
ハムスターやうさぎなどの小型の哺乳類となると、飼育許可が出る可能性は残念ながら低くなります。
いずれの動物の場合も、許可を得られたら近隣に迷惑をかけないようにすることを心がけて飼育してください。

ペットショップとは、愛玩用として飼育する動物(ペット)を販売しているお店のことです。取り扱う生き物は犬や猫のほか、魚や爬虫類など多種多様です。