機械式時計のアピールポイント及び利用し続ける為の手入れについて

機械式時計の持っている魅力について

機械式時計と言いますのは、ゼンマイを動力にしている時計になります。ゼンマイを巻くと音を立てて歯車そのものが回って、秒針が動きを見せます。リーズナブルなクォーツ式時計と照らし合わせると精度は下がりますし、手巻きスタイルであればゼンマイを巻かないと止まります。しかしながら、機械式時計に関しては長き築いてきた歴史の中で築かれた美しさがあり、ファッション性もあります。電気を利用せずに動作する機械仕掛けのアイテムは、近頃ではレアものです。クォーツ時計の開発により機械式時計の存在価値は落ちましたが、ステータスの高さなどの評判がよくなったことで、復権できています。ナイーブな時計ですから丁寧に取り扱うことが求められる上に、2日程使用しないと動きはストップしてしまう点がありますが、その分だけ活用しているうちに愛着が生じてきます。

機械式時計の手入れの必要性

機械式時計に関しては利用し続けていると、歯車の摩耗であるとか潤滑油の劣悪化が進行してしまうので、オーバーホールという一定間隔ごとのメンテナンスを実施することが大事となります。オーバーホールにおいては、ひとたび分解後、パーツをキレイにして改めて組み立て、ほかにも油注入やタイミングコーディネートも実施します。オーバーホールに関しては時計店、あるいは製造メーカにお願いするのは普通です。3年~5年に一回をベースとして実践するといいでしょう。放ったらかしにすると時間の差異が大きくなったり、時計そのものが錆たりする可能性があります。高い価格の上に緻密な扱いが求められる機械式時計ですが、きちんとメンテナンスを行えば、長期にわたって利用し続けることが可能です。

ウブロはスイスの高級時計メーカーです。ヨーロッパの王族やイタリアのファッション界で人気のブランドです。代表的なモデルに異なる素材を組み合わせたビッグ・バンシリーズがあります。